『ほっとけない』メルマガ

ここでは、「『ほっとけない』メルマガ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日来ていたメルマガより、丸ごと引用(爆)


今回のメルマガで、寄付されたことが公表されました。

以下けっこう長いので、お暇な時にでもどうぞ。(笑)

いろいろ問題視されているようだけど、無関心よりはいいかなと思いますが。
購入した1本目のホワイドバンドが、汚くなってしまった(-"-;) もう1本あるから、そろそろ替え時かな?ゆるゆるになっちゃったし。(伸びた?)

ということ(笑)で、以下丸ごとメルマガ転載です。


* * * ━━━━━━━━ まるごと 転送 も歓 迎 ━━━━━━━━━ * * *
        ほっとけないメールマガジン Vol.7 2005/11/10 
http://www.hottokenai.jp/  携帯サイト->>http://m.hottokenai.jp/
━━━━━━━━━━━━━━ * * * ━━━━━━━━━━━━━━━━

「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーン・メルマガ第7号です。

ごぶさたしております。

ご報告が遅くなってしまいましたが、
7月~9月のホワイトバンド・デーにいたるたくさんの、ほんとうにたくさんの
みなさんの力のおかげで、
・世銀IMF、最貧国向け債務を全額免除
http://hottokenai.jp/blog/archives/002worldnews/000627.html
といった結果ほか、たくさんの成果があがりました。
http://www.hottokenai.jp/act/04.html
貧困の削減にはまだまだ不十分な点、目を離せない点はたくさんあるとはいえ、
ありがとうございました。

一方、これまで政策提言や啓発活動を中心としたアドボカシーという活動の
伝え方が不十分と思われる面もあったため、いろいろご心配をおかけしておりまし
た。
改めて、ご説明をさせていただこうと記者会見を8日に開きましたので
それについてもご報告いたします。

12月にはグローバルな貿易について話あわれるWTOもあります。
貧困の克服に向け、さらなる力を集めていくために、
みなさんのお力をお貸しください。


目次
1■ウエブサイト全面改装
2■記者会見(会計報告・売上の使途)
3■ WTO & 12.10~ほっとけない10DAYS
4■お知らせ
5■関連ニュース
6■賛同団体イベント(盛りだくさんです)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1■ウエブサイト全面改装

11/8、ウエブサイト全面改装しました。新しいサイト、ぜひ訪問して
みてください。http://www.hottokenai.jp/

今回の改装では、キャンペーンのメッセージを前面に押し出し、世界
の貧困についての理解を促進するための情報を拡充しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2■記者会見(会計報告・売上の使途)

11/8、記者会見を行いました。
キャンペーンの趣旨について、
直接支援と車の両輪のようにしてアドボカシー(政策提言、啓発活動等)
が大切なんですという観点から、あらためて説明させていただいたとともに、
ホワイトバンドの売り上げを世界の貧困をなくすために
いかに具体的に活用させていただくかを発表しました。
http://www.hottokenai.jp/news/news051108.html
会見内容もアップしています。
9月末までの収支経過報告についても記者会見で発表し、
ウェブでも公表いたしました。
http://www.hottokenai.jp/whoweare/01_04.html

感染症対策に25万ドル ホワイトバンド売上金拠出(共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051108-00000213-kyodo-soci
<ホワイトバンド>3600万円寄付 キャンペーン事務局(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051108-00000101-mai-soci
世界基金に2900万円=「ホワイトバンド」400万本-売り上げは9億円超(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051108-00000091-jij-soci

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3■ WTO & ほっとけない10DAYS~12.10

~日本では「ほっとけない」10 DAYS(12.1 ~12.10)を開催~
12月13日から香港ではじまるWTO(世界貿易機構)閣僚会議。
これに向けて世界各地で私たちの仲間が公正な貿易を求めて立ち上がります。
特に発展途上国の人々が必要としているのは、先進国の理解と行動。

「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーンでは、
ホワイトバンドデーⅢ12.10 の10日前の12月1日からを「ほっとけない」10DAYSと
し、
ホワイトバンドを身に着けた全国のみなさんが、世界の貧困問題のこと、キャン
ペーンのことを深く知り、考え、共に行動する機会にしたいと考えています。

世界が求めているのは「私たちは注目しています」という態度を行動に表すこ
と、です。
「ほっとけない」では日本中で集まった声を世界に発信します。
全国のイベント企画者、ボランティア、写真提供者などを募集しています!
詳しくは以下のアドレスまでご連絡ください。
⇒ event1210@hottokenai.jp

このメルマガの 6■賛同団体イベント にて、10DAYS賛同を含む
賛同団体のみんさんのイベントをご紹介しています。ぜひご覧ください!

--------------------------------------------------------------
ほっとけない10デイズ 賛同企画
 ■■12.10 ホワイトバンドデー3 ~貧困も貿易も人権もほっとけない ~■■
    ・・・・・感じてみよう!世界のしくみ ・・・・・
--------------------------------------------------------------

12月のWTO(世界貿易機関)閣僚会議を目前にした、12月10日の「世界ホワイ
トバンドデー3」。
世界のキャンペーンが同時にアクションを起こします。
また、12月10日は「世界人権デー」でもあります。

そこで、世界のまずしさを生み出す構造が「人が人らしく」生きるための権
利にどう影響しているのか、またそこにどう私たちが関わっているのか、を
「知る」だけでなく、「感じて」「気づく」イベントを企画しました。

今回の会場は東京・築地本願寺。

「”世界のまずしさ”についてもっと知りたい!」
「ホワイトバンドには出会ったが、自分には何ができるだろうか?」
「そもそもWTOって何だっけ?それがどうして貧困と関係するの?」

このような「?」を持った皆さん、ぜひ風情ある「築地本願寺」
にお集まり下さい!

以下、詳細です=======================================================

【日時】12/10(土)13時~17時
【会場】築地本願寺 第一、第二伝道会館 
    http://www.tsukijihongwanji.jp/tsukiji/kaikan.html
    アクセス:東京メトロ 築地駅6番出口より徒歩2分
【参加費】500円
【問合せ・申し込み】
 この文章の最後にある申し込みフォームを使って、どのプログラムに
 参加希望かを明記の上、メールにてお申し込みください。
 必ず事前に予約して下さい。定員になり次第、締め切らせていただきます。

【プログラム】同時進行で2会場で行われます。

●ホール会場●(第一伝道会館 1階振風道場)

 ◎「もし世界が100人の村だったら」ワークショップ 
 (13:00 集合、13:30 開始、17:00 終了。)

【内容】実際に100人で、「世界が100人の村だったら」、何人の人が食べ物
 があって、飲み水があり、教育を受けられるのか。。。を体感します。
 大人も子どもも楽しみながら「目からウロコ」の「気づき」を得ることを
 目指しています。

【ファシリテーター(進行役)】
 桜井 高志さん(桜井・法貴グローバル教育研究所)

【定員】100人 (先着順) 

●お座敷会場●(第二伝道会館 2階ロビー、蓮華殿)

 ◎第一部:「児童労働・人権」ワークショップ 
 (13:00 集合、13:30 開始、15:00 終了。)

【内容】「感じてみよう!働く子どもの気持ち」というグループワークによ
 る参加型のプログラムを通じて、「児童労働」とは何なのか、また、「子
 どもの権利」「人権」について考え、またそこに私たちがどのような関わ
 りがあるのかを考えます。

【進行】児童労働を考えるNGO ACE
    アムネスティ・インターナショナル・日本

【定員】60人

 ◎第二部:「WTOって何だ!世界の貧困問題とあわせて考えよう」セミナー
 (15:30開始、16:30 終了。)

【内容】私たちの食べ物ひとつとってみても多くが海外から入ってきており、
 貿易なくして私たちの生活は成り立ちません。
 この貿易のルールを決めているWTO。貿易はまた世界の貧困問題と切り
 離せません。WTOって何だろう?から考えます。

【講師】 金子文夫さん(横浜市立大学国際文化学部教授)
     田中徹二さん(オルタモンド事務局長)

【定員】100人

12.10イベント申し込みフォーム:(以下のテキストをメールに貼り付けて
記入しご返信ください) 返信先:seminar@hottokenai.jp (吉原)

氏名:
年齢:
所属:
連絡先(Email):
参加プログラム:必ず1~4のいずれかを選んでください。

 1.《ホール会場》「もし世界が100人の村だったら」ワークショップ
 2.《お座敷会場》第1部と第2部(児童労働と人権 + WTOシンポ)
 3.《お座敷会場》第1部のみ (児童労働と人権 のみ)
 4.《お座敷会場》第2部のみ (WTOシンポ のみ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4■ お知らせ

◆White Band FES. (ホワイト バンド フェス)
   公演日時  2005年12月3日(土) ・4日(日)
   14:30 開場 / 16:00 開演予定 (両日とも)
   会場 さいたまスーパーアリーナ(公式HP)
     (埼玉県さいたま市中央区新都心8番地)
   出演アーティスト
    2005.12.3 GLAY/MISIA/宮沢和史
          AI/NITRO MICROPHONE UNDERGROUND
          MOOMIN/PUSHIM/ and more!
    2005.12.4 GLAY/MISIA/宮沢和史
          DEPAPEPE/orange pekoe/ and more!
   http://www.whiteband.jp/main.html

   ホワイトバンドプロジェクトに賛同したアーティストさんたちが
   自主的に主催してくださるイベントです。
   「ほっとけない 世界のまずしさ キャンペーン」も後援団体として、
   展示パネルの情報提供等で協力しています。


◆NHK放映番組 BS世界のドキュメンタリー

僕たちも学びたい  貧困と闘う子ども労働者たち
11月9日(水) 21:10~22:00 NHK BS1

国連の統計によると世界の子どもの6人に1人、2億5千万人が貧困のため
働くことを余儀なくされている。国際条約違反であるにもかかわらず世界中
に広がる児童労働はどのようにすれば廃絶できるのか。貧しい家庭の子ども
に賃金を保障し通学させるブラジルの補助金制度が中南米やアフリカに広が
りを見せる一方、ケニアのように政府が対外債務の支払いのために一時教育
予算の削減に踏み切り就学率が低下した国もある。学ぶ機会を失って働かざ
るを得ない貧しい子どもと、教育の機会を与えるために活動するNGOを取
材、さらに2004年ノーベル平和賞を受賞したケニアの環境運動家・ワン
ガリ マータイ女史の訴えをまじえ、南北問題と深く関わった児童労働の問
題を考える。なおオリジナルのナレーターはメリル・ストリープ。

制作:Galen Films(ガレンフィルムズ)/アメリカ/2004年
原題:Stolen Childhoods
http://www.nhk.or.jp/bs/wdoc/ より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5■関連ニュース

・世銀IMF、最貧国向け債務を全額免除
http://hottokenai.jp/blog/archives/002worldnews/000627.html

・国連2005ワールド・サミット:「言葉から行動へ」は世界の合い言葉になるか?
http://hottokenai.jp/blog/archives/001_campaign_news/000621.html#more

・パキスタン地震 緊急支援に関する情報
http://hottokenai.jp/blog/archives/emergency_appeal/000635.html#more

・WHITEBAND DAY 速報!~Movie & 全国写真をアップ & 世界
http://hottokenai.jp/blog/archives/001_campaign_news/000605.html

◆関連詳細ニュース

・オックスファム・インターナショナル代表、WTO会議を前に日本政府に申し入れ
http://hottokenai.jp/ngonews/archives/004_campaign_related/000644.html
・最重要課題は「貧困の解消」、テロ対策上回る…米世論
http://hottokenai.jp/ngonews/archives/002worldnews/000643.html
・ODA白書、「貧困撲滅」の方針を強調
http://hottokenai.jp/ngonews/archives/003_poverty_news/000640.html
・新しい開発資金-6カ国が航空券税(国際連帯税)導入へ
http://hottokenai.jp/ngonews/archives/002worldnews/000636.html
・クミ・ナイドゥー「国連サミットをふり返って」
http://hottokenai.jp/ngonews/archives/001_campaign_news/000634.html
・国連サミット:最終スコアカードは悪い点数
http://hottokenai.jp/ngonews/archives/004_campaign_related/000623.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6■賛同団体イベント

ホワイトバンドセミナー@大阪 11月12日(土)
「どうして貧困がおこるの?」
~ほっとけないアフリカの現状~

ホワイトバンドを通して、世界の貧困への関心が広がっています。
「でもそもそも、どうして貧困がおこるの?」
「いったいアフリカでは何が起こっているの?」
南アフリカの事例を通して、貧困の現実、そしてホワイトバンドのメッセージを
お伝えするセミナーを開催します。
「ほっとけない」の気持ちを、もう一歩進めてみませんか?

■講師:
林 達雄(ほっとけない世界のまずしさキャンペーン・実行委員)
医師として、1983年からタイ、エチオピアの緊急救援支援の現場で活動に従事し
て以来、途上国、特にアフリカの貧困・紛争・保健などに20年以上取り組む。
元JVC代表。

津山 直子(日本国際ボランティアセンター・南アフリカ代表)
反アパルトヘイト運動を機に、南アに関わり、現地での活動は10年を超える。現
在、自然農業の普及やHIV/AIDS予防啓発の活動に取り組む。

■日付:11月12日(土)
■時間:14:00~16:30
■会場:大阪市立難波市民学習センター
(地下鉄御堂筋線なんば駅22、23番出口方面・四つ橋線・千日前線なんば駅30番
出口方面、近鉄なんば駅西側改札より、なんばウォーク・OCATウォークを通って
OCATビル(B1階)へ直結、JR難波駅上。 )
■地図:http://www.ngo-jvc.net/jp/event/img/20051112_whiteband_map.jpg
■参加費:無料
■主催・お申込み:日本国際ボランティアセンター(JVC)
http://www.ngo-jvc.net/
TEL. 03-3834-2388 FAX. 03-3835-0519
担当:石川 tomoko@ngo-jvc.net

日本国際ボランティアセンター【JVC】
広報: 広瀬 哲子(Noriko Hirose)

http://www.ngo-jvc.net
〒110-8605 東京都台東区東上野1-20-6  6F
TEL 03-3834-2388 FAX 03-3835-0519

------------------------------------------------------------------

「“何か”はきっとできるセミナー」@渋谷11.28/新宿11.30/有楽町12.2

ワールド・ビジョン・ジャパン

「ほっとけない 世界のまずしさ」この状況を変えるため、多くの人々がホワイトバ
ンドを身につけて世界の貧困をなくそう!と声を挙げつづけています。そして、その
多くの人々の声が届いて、世界のリーダーたちが、動き出しました、今度は、私たち
の番です。

“何もかも”はできなくとも、“何か”はきっとできる。

開発途上国の貧しい地域に住む子どもたちと交流を持ちながら、その子と家族、地域
の自立を支援する「チャイルド・スポンサーシップ」を通じて、一人の子どもを助け
ることができます。今、ワールド・ビジョン・ジャパンでは、新たに支援を待ってい
る1500人の子どもたちを紹介しています。今回のセミナーでは、貧困の中にある
子どもたちの状況やチャイルド・スポンサーシップによる活動を、支援地の映像や、
かつて支援を受けていた元チャイルドの話を交えて紹介します。あなたにできる「何
か」が見つかります!

<内容>
世界の貧困の中にいる子どもたちの状況
チャイルド・スポンサーシップの紹介

チャイルドレポート: ケニアのカヨニ君。ハンディキャップを乗り越え、生きる希
望と喜びを取り戻しました!

HIV/AIDSという重荷を負って生まれてきたウガンダの子ど
もたち。でも、未来への希望をもって笑顔で生きています!

スペシャルゲスト: かつてワールド・ビジョンの支援を受け、現在ワールド・
ビジョン・インドスタッフのビンドゥモルさんが来日!喜びの体験談報告

<主催>特定非営利活動法人 ワールド・ビジョン・ジャパン

<日時、会場>
① 日時:11月28日(月) 19:00 ~ 20:30 (開場18:45)
会場:東京ウィメンズプラザ 視聴覚室
東京都渋谷区神宮前5-53-67 TEL: 03-5467-1711
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

②日時:11月30日(水) 19:00 ~ 20:30
会場:新宿NSビル 10-J会議室 (10階)  
   東京都新宿区西新宿二丁目4番1号 新宿NSビル TEL:03-3342-3755
http://www.shinjuku-ns.co.
jp/access/index.html 

③日時:12月2日(金) 19:00 ~ 20:30(開場 18:45)
会場:有楽町 東京国際フォーラム  G502 会議室
東京都千代田区丸の内三丁目5番1号 TEL:03-5221-9000
http://www.t-i-forum.co.jp/function/map/index.html 

<参加費>無料
<定員>各セミナー100名
<申込み>事前の申込みが必要です。定員の関係上、上記のうちいずれか1日の参加
をお願いたします。こちらからEメールでお申込みください。
http://www.worldvision.jp/material/news_detail.php?entry_id=262
定員になり次第締め切らせていただきます。

<お問合せ>
特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン
http://www.worldvision.or.jp
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-8-3F
電話:0120-465-009(月~金 9:00~19:00) FAX:03-3367-7652
セミナー担当:大古殿(オオフルトノ)、矢島

--------------------------------------------------------------------

~ほっとけない10デイズ 賛同~

「世界は貧困問題を解決できるか:『ほっとけない世界のまずしさ』キャンペーン
(ホワイトバンド)の1年を振り返る」

戦後60年にあたる今年始まった、「ほっとけない世界の貧しさンキャンペーン」は、
ホワイトバンドの爆発的な売れ行きと共に、全国に広がりました。しかし、世界には
まだ多くの課題があります。ミレニアム開発目標(MDGs)が目指す2015年までに、世界
は貧困問題を本当に解決できるのでしょうか。

JVC九州ネットワークは、本年10月にこのキャンペーンの賛助団体になりました。今
般、JVC調査研究・政策提言担当およびほっとけない世界の貧しさキャンペーン実行
委員の高橋清貴さんを福岡にお招きして、「世界は貧困問題を解決できるのか」を
テーマに報告会を開催し、ほっとけない世界の貧しさキャンペーン(ホワイトバン
ド・キャンペーン)の1年を振り返り、その成果と課題を考えます。皆様是非ご参加
ください。

報告者:
高橋清貴 (JVC調査研究・政策提言担当/「ほっとけない世界のまずしさ」キャン
ペーン実行委員)

日時:12月4日〔日〕 14:00~16:00
場所:福岡市人権啓発センター(ココロン・センター)
福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレイン・リバー・サイドビル10階

参加費:一般700円(学生500円) 会員500円(学生400円)
主催:JVC九州ネットワーク(Qネット)
連絡先:JVC九州ネットワーク(重田) Tel:092-683-5784 E-mail :
yasushige@msd.biglobe.ne.jp 

--------------------------------------------------------
~ほっとけない10デイズ 賛同~

ひとりひとりの自分らしさが花ひらく社会へ
~「もう待てない!」インドの子どもが語る 児童労働の現実~
  
 学校に行く、遊ぶ、笑う、そんな当たり前のことをできなくする
 児童労働--世界の子どもの6人に1人。
 学校に行けず、仕事につけず、家族は貧しいままーそんな貧困の
 サイクルを断ち切るには、この問題を見過ごせません。

 ACEが「子どもにやさしい村」プロジェクトを支援するインドから、
 元児童労働者の子どもと、NGOの代表が日本にやってきます!

 11月20日は、国連で子どもの権利条約が採択された「世界子どもの日」。
 12月10日は「世界人権デー」。権利を奪われた子どもたちが何を望んで
 いるのか・・・「子どもにやさしい」社会を作っていくために、
 子どもの声に耳を傾け、一緒に考えましょう!
 
 シンポジウム後には楽しいパーティもあります!皆様お誘い合わせ
 の上、是非ご参加下さい。


 日時:2005年12月4日(日)14:00~17:00 シンポジウム(13:30開場)
             17:30~19:30 パーティー(17:00受付開始)

 会場:メトロポリタンプラザ オフィスタワー12階 第1会議室
    東京都豊島区西池袋1丁目11番1号(JR/地下鉄 池袋駅直結)
 地図:http://metopoli.com/access/index.htm

 定員:140名

 使用言語:日本語(日英逐次通訳、ヒンディー日本語逐次通訳)

ゲストスピーカー/パネリスト:
〇オム・プラカシュ君(14歳)
家族が抱えた借金返済のために紅茶売りなどをして働いていた
   元児童労働者。
〇カイラシュ・サティヤルティ氏
   (BBA/SACCS・南アジア子ども奴隷解放連盟代表)
   1980年の団体設立以来、25年間で67,000人の子どもたちを児童労働
   から救出し、社会復帰を支援。「児童労働に反対するグローバル
   マーチ」代表。  
 ファシリテーター:
〇岩附由香(特定非営利活動法人ACE代表)

参加費:シンポジウム (一般) 前売り 1,500円 当日 2,000円
         (会員・学生) 前売り 1,000円 当日 1,500円
     パーティ   (一般) 前売り 3,000円 当日 5,000円 
   (会員・招待券をお持ちの方)  3,000円 
            (学生) 1,500円

※前売り価格でのご参加には、お申し込みが必要です。メール、FAX、
 またはお電話で、1)お名前、2)住所、3)電話番号、4)人数、を
 お申込の上、郵便局にてお振込みください。
 郵便振替口座:00110-7-562122 加入者名:ACE
 
※参加申込と同時に会員になっていただいた方には、会員価格が適用
 となります。ご入会いただいた方の中から抽選で10名様にACEオリジ
 ナルTシャツが当たります!

※シンポジウムの開催にあたり賛同金も募集しております!
 上記郵便振替または銀行振込にて受け付けております。
 東京三菱銀行 上野支店(普通)1751825 特定非営利活動法人ACE 

※ほっとけない世界のまずしさキャンペーン「ほっとけない10デイズ」
 参加企画です。

☆前売り申込締め切り:12月1日(木)

主催:特定非営利活動法人ACE
後援:アムネスティ・インターナショナル日本

◎お申し込み&お問い合わせ:
特定非営利活動法人ACE(エース)
〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル3F
TEL/FAX 03-3835-7555   E-mail:info@acejapan.org
URL: http://acejapan.org

---------------------------------------------------------------------
~ほっとけない10デイズ 賛同~

★学習会「いま、アフリカは」★

世界中の誰もが平和と豊かさの実現を夢見て迎えた21世紀は、
9.11からイラク戦争、テロ、貧困、環境破壊など世界規模の脅威が
深刻化する不安定な時代となっています。
この危機を乗り越えるための第一歩として国際社会は2000年に
国連ミレニアム宣言・ ミレニアム開発目標(MDGs)を設定し、
課題解決に向けて努力を開始しました。

学習会では、世界の深刻な貧困と不平等の実態を学び、
解決に向けて取り組むNGO・市民の活動を知っていただければと思います。
ぜひ、ご参加ください。一回のみの参加も大歓迎です。

【第2回】アフリカのエイズと私たち

日時:12月6日(火)18:30~20:30
場所:かながわ県民センター 304号室
地図 http://www.kvsc.pref.kanagawa.jp/center/areamap.html
【横浜駅中央西口・きた西口徒歩4分 TEL:045-312-1121(代)】

講師:林 達雄氏(アフリカ日本協議会代表)

アフリカは世界の実像を映し出す鏡のような存在だと、
あるアフリカの友人が言った。
いま、世界はグローバリゼーションと呼ばれる、歴史上かつて無いほどの
激動の時代を迎えている。日本にいてはこの新しい時代の波はわかりにくいが、
アフリカに視点をすえれば鮮明に見えてくる。
その最初の波は貧富の格差やエイズ、戦争とともにやってきて、
アフリカの貧しい人々をさらに貧しくしてきた。

アフリカが世界の注目を集める2005年、NGO・市民がこれまでとは反対方向の
第2の波を生み出せるかが世界のこれからを決める。
日本の外交や政治がほんの少し変わるだけで世界の様相は確実に変化する。
日本の市民がアフリカを知ることがこうした変化を生み出す前提となるであろう。
(『エイズとの闘い-世界を変えた人々の声』(岩波ブックレット)、
『グローバル化と人間の安全保障』(共著)など)

参加費:500円
※事前のお申込みの必要はありません。

【お問い合わせ】※HP・メールアドレスを変更しました。
(特活)草の根援助運動(People to People Aid :P2)
235-0036 横浜市磯子区中原1-1-28
TEL:045-772-8363 FAX:045-774-8075
E-mail: office@p2aid.com
URL: http://p2aid.com

草の根援助運動(P2)は1990年に、日本のODA(政府開発援助)の変革の必要性に気
づいた市民によって創設されました。南のNGOや住民組織とともに持続可能な地域開
発、国内における開発教育や政策提案活動などをおこなっています。

------------------------------------------------------------------------
~ほっとけない10デイズ 賛同~

「SHARE/AIDS AID 2005 LISAかぜのおんがくライブ」

日時:2005年12月7日(水)開場18:30 開演19:30
場所:砧区民会館 東京都世田谷区成城6-2-1 小田急線成城学園前駅徒歩3分

内容:
1.LISAかぜのおんがくライブ( http://share.or.jp/shop/lisa/)
2.シェア代表理事 本田徹医師のトークショー
3.スライドショー(南アフリカの現状)
(下記検討中の内容・決定次第掲載をお願い致します。)
4.シェアの活動紹介ブース
5.アフリカのエイズをテーマとした写真の展示

趣旨:

シェアは今夏、日本国際ボランティアセンター(JVC)と共同で、南アフリカでエイ
ズプロジェクトを開始しました。働き手の世代を失う深刻なアフリカのエイズ、HIV
陽性者と共に歩み始めるタイのエイズ、そして増える日本のエイズ。

エイズは、世界の問題でもあり、私たちの問題でもあります。支援・予防・理解、世
界と私たちのエイズを考える、世界エイズデーにあわせ『SHARE/AIDS AID 2005
LISAかぜのおんがくライブ』を開催します。

※実費などを差し引いたライブの収益は、南アフリカのエイズプロジェクトに寄付さ
れます。

***事前・当日のボランティアも募集しています 詳しくはHPまで***
関連HP:
http://share.or.jp/event/index.html#lisa
http://share.or.jp/shop/lisa/

参加費:
チケット前売2000円 (完売次第終了)
定員:
414席+立ち見席
申込:FAX 又は e-mailにて、HPを参照の上お申込ください
http://share.or.jp/event/index.html#lisa

団体名:
主催:シェア=国際保健協力市民の会
共催:日本国際ボランティアセンター
住所:(特活)シェア=国際保健協力市民の会 (SHARE)
〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル5F

問合せ:
広報担当 飯沢幸世
TEL:03-5807-7581 FAX:03-3837-2151
URL: http://share.or.jp Email: info@share.or.jp


□ SHARE/AIDS AID 2005 LISAライブ ボランティア募集

世界エイズデーに合わせて開催される"SHARE/AIDS AID 2005 LISAかぜのおん
がく ライブ"に、ボランティアとして参加してみませんか?
エイズへの支援・予防・理解・世界と私たちのエイズを考えるきっかけにすること
を目的に、カリスマ女性ヴォーカリスト LISAが歌います。
また、収益金はSHARE・JVC共同南アフリカ エイズプロジェクトへ 全額寄付。
一緒に、ライブを成功させませんか?

関連HP:http://share.or.jp/event/#lisa

職種:イベント準備 及び 会場 ボランティア
業務内容
【準備】東京事務所にて、チケット申込受付などの事務作業
【会場】当日会場にて、会場整備や受付作業など

勤務地
【準備】シェア=国際保健協力市民の会 東京事務局
【会場】砧区民会館(世田谷区 成城学園前)

勤務期間
【準備】11月初旬より12月にかけて
平日 週2~3日 3時間ほど(応相談/夕方からでも大歓迎!)
【会場】12月7日 午後より(*事前オリエンテーション有り)

募集人数
【準備】1・2名
【会場】10名ほど

応募方法
以下のURLを参照の上、FAXまたはE-mailにて、お申込ください。
http://share.or.jp/staff/index.html#vol

担当:飯沢
申込・問合せ先:(特活)シェア=国際保健協力市民の会 (SHARE)
110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル5F
TEL:03-5807-7581 FAX:03-3837-2151
URL: http://share.or.jp Email: info@share.or.jp


-------------------------------------------------------------

「ほっとけない!クリスマス トーク&ライブ カンボジアの子どもの人身売買」

日時:12月23日〔金〕
場所:公園通りクラシックス(外苑前)

ライブ&トークを通じて、カンボジアの人身売買の現状やその取り組みを伝えること
を通じて、世界のまずしさの一端を知ってもらう。クリスマスが近いので、トーク&
ライブ形式で、セミナーよりも親しみやすいかたちで行います。

主催・問い合わせ:国際子ども権利センター
〒110-0015東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F
TEL:03-5817-3980 FAX:03-5817-3980
担当:岩附由香(事務局長)yukai@acejapan.org


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
・このキャンペーンの主役は、自作も含めてホワイトバンドをつけてくれた400万

以上のみなさん、そして世界中で貧困という人災にみまわれている、十億人以上の
人々です。もっともっと世界中の一人一人の関心を高めていくことで貧困は超えられ
る。
先進国である、この日本に住む自分にはその責任があるのだと、改めて思う次第で
す。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールは http://www.hottokenai.jp/ ほかでメールマガジン
送付希望として、ご連絡いただいた方にお送りしています。
ご不要な方は、http://www.hottokenai.jp/mail.html にて御解除ください。
Back No. http://www.hottokenai.jp/mail.html
Vol.7 編集:今田、長瀬、内山
お問い合わせ:info@hottokenai.jp

* * * ━━━━━━━━━まるごと転送歓迎ここまで━━━━━━━━ * * *




読んだ方いらっしゃいましたら、お疲れさまでした。ホントに長かったでしょ?(;^_^)A ふきふき・・ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rainbowlegend.blog15.fc2.com/tb.php/78-351bee17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。