8月22日 リミ猿@映画塾 その1

ここでは、「8月22日 リミ猿@映画塾 その1」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あぁ・・、また間空いてしまった。



さてさて、初映画塾。

シアター入り口で、昨日のイッキミのときと同様に、協賛企業さんからのサクセスセットいただき~。

P1000484.jpg 今回はD列。良いお席でした

笠井アナの挨拶、そして「お前にチェックイン」のBGMで羽住監督入場~。劇中のチェ~ックイン♪は、ここからきてるらしい。

まずは、ポスターのお話。
rimizaru-2.jpgハワイの歌姫っぽい環菜ちゃん。何気に目立つ下川専門官。監督の好み?で入れられた消防車・・等々。

rimizaru.jpgこっちバージョンは、亀Pの案だと。 私もどちらかと言えば、こっちバージョンのが好き^^

それからスクリーンに向かって左隅に、羽住監督と笠井アナ着席。
生コメンタリーは初めてだったので、話しているお二人を観てればいいのか、スクリーンを観てればいいのか、ちと迷う。←すぐに慣れたけど(爆)

まずは、前作のエンディングの SEE YOU NEXT STAGEのお話。
次回作を作るとか作らないとか全く話は決まっていないのに、絶対に沈没で作るんだ!と監督の熱い思い入れで作られたもの。
(声を入れた仙崎@伊藤くんですら、よくわからずに声入れをしたとか、もちろん環菜ちゃん@あいちゃんも全然知らなくて、出来上がったのを観て知ったというのをどっかで見た(笑))




そしていよいよリミ猿本編。  ・・・は、追記へ
最初の飛行機事故。
撮影には、まる2日間かかって、あの要救助者の子供もずっとびしょ濡れの中でよく頑張っていたと。

海猿の中で何度もクローズアップされる。もう一人の要救助者の手を離してしまったことが、リミ猿の中で重要な位置を示す・・というようなお話?違うかも(うろ覚え(爆))

そしてタイトルバック。青いな海。使い回しだと思っていた私。(こりゃ失敬!)沖縄に行って撮ってこられたそうです。そんな手抜きはしないよね^^;

続いて、24時間も運転してきた環菜ちゃんのハイヒール。可愛い靴だけど、ありえないっしょ、やっぱり^^; それと車の上に積んできたカバン。大事なはずなのに・・。ルパンを意識したのでは?と笠井さん。

次のガーデン。セリフはともかく、間のしゃべりはほぼアドリブだったらしい。伊藤くんと隆太くんの掛け合いに任せて、特に監督からは注文しないと。

ホテルのロビーでの2人のふざけあい?も自由にやってもらったと。2人に仲の良さがうまく出ている場面♪

仙崎くんの一人で椅子に戯れている(笑)シーン、周りに居るエキストラさんがお上手。
ウエディングドレスを着た環菜ちゃんが、繋がらない携帯を振るシーンも、あいちゃんが自然にやったと。 振りますか?と質問されました。 私は繋がらなくても振らないけどな・・。

ドレス姿のままロビーに降りてくる環菜ちゃん。エキストラさんのちょっと大げさ?な演技が気になった笠井アナ。 あれは私もちょい気になったけど。
環菜ちゃんと仙崎くんの雰囲気が悪くなったあとのフロントに居て、「お姉ちゃんきれい!」と言ったのこともなんか言われたけど、すでに記憶迷子(爆)

ウエディングドレスは、デザイナーの環菜ちゃんなので個性的な風にデザインして作ってもらった。
立ち去る環菜ちゃんが上る階段は、ロビーを撮影したホテルのではない。 鹿児島のホテルという設定だけど、実は宮崎のホテル。

一夜明けて、翌日の訓練でヘリに乗り込むシーン。
仙崎くんと吉岡くんの前を歩く隊員は、一見本物の隊員さんぽいけど、全部役者さん。
飛び立ってすぐ?に事故の一報。ホバリングしているヘリから飛び降りる(とは言わない?)のは本物の保安官さん。そりゃそうだ・・。

沈没してしまうこの船。なかなか撮影許可出る船がなかったと。沈没なんて縁起悪いもんね。やっと許可の出た船も一部CGで変えてあるらしい。でもどこかは忘れた(;゜∇゜)

異常に到着の早い下川専門官。東京から来たはずなのに・・・。
そこは羽田の特救隊と一緒に、バビュ~ンと来たってことで。この時点で特救隊は到着してるので、そういうことらしい。

船内の機関室。 仙崎くんに開けてみろと言われて、吉岡が開ける理不尽な(笑)ハッチは、ローレライからの転用品(笑) 隆太くんがリンクだから?だったかな。
その機関室のおかしくなった計器類は、ウルトラマンのセットみたいだと言う監督に納得する笠井さん。 よくわかんないけど。

避難誘導してる中で環菜ちゃんを発見~な仙崎くん。
環菜「また逢えるよね?」 仙崎「当たり前だろ」のところで何か説明があったけど、忘れました

船が傾いた設定で倒れる観葉植物や椅子・机?は、横からワイヤーで引っ張っていて、それに合わせる形で俳優さんたちがよろめいていたと。

車両デッキにいっぱいある車は、エキストラ募集(大阪で募集されたらしいです)されたもの。船が傾くことによって、ぶつかったり壊れたりするは買ってきた中古車。当たり前っすね~。

爆発の中やっと逃げ込んだ濾過循環室。
どんどんあがってくる水に、マジ顔の本間恵@大塚寧々さん。実は水が大嫌いで、潜るどころか顔が濡れるのも嫌だったとか。寧々さんの所属事務所の人は、「大丈夫でしょう~」と言っていたらしい。無責任な・・。
だから、30M潜水の場面での『できない!できない!』のときの表情は、演技などではなくマジ顔だったそうで・・。潜水後の顔も素だったらしい。でもやれてしまうのはさすが女優さん。素晴らしい~。

潜水前シーンの撮影時は、スタッフさんも道具持ったまま立ち泳ぎ。皆さんお疲れ様です。

海老原@吹越さんの身の上話は、後々の展開のため。本間さんはカット。

撤収命令が出たときに、北尾隊長@石黒賢さんが下ろして行ったボンベ。フラッシュランプ?が取り付けられたけど、あれは演出。

脱出口を探しに行った仙崎くんが、工作室に戻ったときの後ろの炎は、CGなどではなく、本物。撮影中戻る前に待機してるのも熱いので、戻ったときには湯気が出ている! 文字通り熱演


うう・・やっぱり長いので、また今度。ε=( ̄。 ̄;)ふぅ~。


再び記憶を手繰り寄せねば。 



>沙羅スタさん、とってもお世話になってます
コメント
この記事へのコメント
おおっ、展開してますねぇ。絵文字があるとまた雰囲気がいいですね。
今思うと、みんなv-212撮影しても何も言われなかったから、ボイスレコーダー持ってたので使えば良かった・・・いや・・・ダメv-431良くないv-431
2006/09/15(金) 01:23 | URL | 沙羅スタ #-[ 編集]
>沙羅スタさん

ぼちぼちですが、なんとか映画塾の途中までいきました^^;

絵文字で誤魔化しているというのが、正確かもしれませんね(笑)
報告・・なんて大げさなものではありませんが、書くのに録音してあると楽でしょうね・・。
良くないことですけどね。

沙羅スタさんのご報告を参考に、思い出しつつ続きを書きますね。
 (いつまでもいい加減にしろ!と言われそう・・かもv-13
2006/09/15(金) 13:43 | URL | たけまも #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rainbowlegend.blog15.fc2.com/tb.php/306-1960b76b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。