10年

ここでは、「10年」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10年前の7月27日、それは実父の亡くなった日。
あまりにも突然で、死んでしまったことを理解する間もなく、涙だけがポロポロこぼれた。
早朝の母からのでそれを知らされ、訳もわからぬまま実家に戻る準備をして、高速を飛ばして戻った。
そのときの私は、ちょうど1くんがお腹の中に居た。安定期と言われる5ヶ月に入ったばかりだった。
うちの両親の実家は、ともに鹿児島県の田舎。集まってくる親戚。その間にもお通夜や告別式の打ち合わせを、冷静にしてる私だった。
でもずっと何も食べられなくて、周りはすごく心配してたみたい。暑かったし、そんな気分じゃなかった。
それでも倒れることもなかった。単に丈夫なだけ?(笑) 妊娠5ヶ月といえば、胎児に音が聞こえ始める時期。繰り返しお経を聞いてた1くんは、生まれてからもお経の時間はとってもおとなしかった。覚えてたのか?不思議! 今では大人に負けず、上手に読む。
そのまま1ヶ月間実家に居候した私。ダンナ君は一人そのとき住んでた家に帰って、一人で仕事に行ってうちのことも自分でやってた。・・・と思う(笑) そう思えば、お子2人ともに実家に帰って出産した私。その間一人で何でもやってたんじゃん。 今何もやらないのはなぜ?おい!!

孫の誕生を誰よりも楽しみにしていた父。実家に近い病院で産む予定にしていると話したら、生まれた子供をつれて家に帰ったら、お風呂に入れるのは俺の仕事だな・・。酒飲んでる場合じゃないな・・。(微笑)と言ってた父。

直接の亡くなった原因は交通事故だけど、そこに至る経緯は今でも誰にも分からない。そのときに戻れるなら、どうしてそんなところに行ったのか、どこに行こうとしたのか、何をしようとしたのか聞いてみたい。


中学・高校とあまり話もしなかった。嫌ってたとかじゃないけど(鬱陶しいとは思ってたな・・苦笑)社会人になってからは、生活の時間帯がどんどんズレてしまって、平日は顔も合わせない日もあった。肝臓悪くしても大酒飲みだったし。

親孝行は何もしないうちに居なくなった。申し訳ない<(_ _)>

今の私を見たらどう思うだろう・・(^▽^;) お子たちを怒ってる私を見てお前もそうだったろうが!と言われるか?(苦笑
おじいちゃんを写真かビデオでしか見た事のない2を連れて、朝からお墓参りにも行った。



10年前の今日、まだ50歳で命を終えた実父の亡くなった日。

10年なんてすぐだったのか?長かったのか?




今日はちょっぴり感傷的な一日。
コメント
この記事へのコメント
お父様の命日だったんですね。
なんかこのblogの背景になってるお空からお父様が微笑んでる気がしました。
見守ってくれてるんですね、きっと(^^)
2005/07/28(木) 11:16 | URL | Dreams管理人 #DhuRAo1g[ 編集]
微笑んでてくれるといいんですけど、「( #` ¬´#) ノコラ!ー」って怒ってるかも(苦笑)
2005/07/29(金) 01:26 | URL | たけまも #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rainbowlegend.blog15.fc2.com/tb.php/14-bd792d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。