ほっとけないメルマガ

ここでは、「ほっとけないメルマガ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メルマガよりのまるごと転載(爆)

ホワイトバンドについても、このキャンペーンについても賛否いろいろ言われてるので、よろしければどうぞ。

追記にしておこうっと。





* * * ━━━━━━━━━ まるごと転送も歓迎 ━━━━━━━━━━ * * *

ほっとけないメールマガジン Vol.13 2006/2/10

ウェブサイト ->> http://www.hottokenai.jp/

携帯サイト ->> http://m.hottokenai.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━ * * * ━━━━━━━━━━━━━━━━━


「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーン・メルマガ第13号

立春も過ぎ暦の上では春ですが、東京では寒い日がまだまだ続いています。
全国のみなさまはいかがお過ごしでしょうか。
寒空の下、太陽の光をいっぱい浴びようと天を仰ぐ木々の枝を見る度に、
その懸命さと美しい姿に心をうばわれ癒され、そして励まされます。
春まであともう少し。お体をご自愛くださいませ。


━━━━━━━━━━━━━━━ * * * ━━━━━━━━━━━━━━━━


◆◇ メルマガVol.13 目次 ◇◆

1.キャンペーンの運営体制が改編されました

2.バレンタインデー特別企画:チョコレートでチョコっと国際貢献しませんか?

3.新聞に取り上げられた「ほっとけない 世界のまずしさ」

4.特別寄稿:長野の小学校教諭 小林郁雄先生からのメッセージ

5.賛同団体イベントカレンダー

6.協力企業Halloween Townが「ほっとけない」オムニバスCDを先行発売

7.その他、これをチェックしよう


━━━━━━━━━━━━━━━━ * * * ━━━━━━━━━━━━━━━


1.キャンペーンの運営体制が改編されました

「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーンの活動継続にあたり、キャン
ペーンのより効率的・効果的な運営のため、運営体制が改編されました。

具体的には、先月をもってこれまでの実行委員会が解散し、新しく「ガバナン
ス委員会」が発足して、キャンペーンの意思決定の役割を担います。
ガバナンス委員会は、今年7月の「後継組織」発足までの時限的な委員会です
が、2008年に日本で開催予定の主要国首脳会議(G8サミット)に向けてイン
パクトのあるアドボカシー活動を展開できるよう、その組織の方向性と活動計
画を決めていきます。

日常業務を担う事務局に関しては以前と変わらず、「ほっとけない 世界のまず
しさ」キャンペーン事務局がホワイトバンド・プロジェクト事務局と協力して
業務を行ってまいります。

「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーンは、キャンペーンにご賛同くだ
さる皆さまの期待と信頼に応えるため、そして貧困で苦しむ人々のために力を
尽くします。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

■ガバナンス委員会の具体的業務やメンバーなど詳しい内容について
 http://www.hottokenai.jp/news/index.html?a000684
■キャンペーン・ガイドラインが改定されました
 http://www.hottokenai.jp/whoweare/Guidelines060201.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━ * * * ━━━━━━━━━━━━━━━━


2.バレンタインデー特別企画:チョコレートでチョコっと国際貢献しませんか?

2月14日はバレンタインデー。今お店ではいろんなチョコレートが売られて
いますが、今年は少し違った形で愛を送りませんか?

いくつかの賛同団体では、フェアトレードのチョコレート販売はもちろん、
カカオ豆の労働で苦しむ子どもたち、イラクの白血病の子どもたちのための
バレンタイン・アクションを実施しています。

各団体のウェブをぜひのぞいてみてください。

■JIM-NET日本イラク医療支援ネットワークの「限りなき義理の愛」チョコ作戦
 イラクの子どもたちから愛を送ります http://www.jim-net.net/

■アムネスティ・インターナショナル日本のフェアトレードチョコ・オンライ
 ン販売
 http://secure.amnesty.or.jp/shop/web_store.cgi

 同じくアムネスティによる、カカオ豆の児童労働に対するバレンタイン・
 アクション
 http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=165


<フェアトレードチョコレートを販売している賛同団体>

■ピースウィンズ・ジャパン
 http://peace-winds.org/shop/gift.html#valentine

■ピープル・ツリー http://www.peopletree.co.jp/

■フェアトレードラベルジャパン http://www.dagobachocolate.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━ * * * ━━━━━━━━━━━━━━━━


3.新聞に取り上げられた「ほっとけない 世界のまずしさ」

■日本消費経済新聞 2006/01/30

機会がある度にキャンペーンを追いかけてくださっている日本消費経済新聞に、
ホワイトバンド・フェスのこと、バングラディシュG-CAP(Global Call to Act
ion Against Poverty)委員のアタウル・ラーマンさんのインタビュー記事、ホ
ワイトバンドデー3の築地本願寺イベント「もし地球が100人の村だったら」
の3つの記事が同時に掲載されました。
アタウル・ラーマンさんは他の新聞でも取り上げられましたが、今回も重要な
メッセージを私たちに投げかけています。アジアで唯一G8に参加する日本。
そのアジアのリーダー国に住む私たちが貧困問題について知ると同時に、「ア
ジア人が何を望んでいるのか声をあげることで(日本)政府を動かしてほし
い」と語っています。

■朝日新聞 2006/02/08

東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県で販売されている朝日新聞に、クリッキ
ングフィルム2に参加してくださった総勢24名のアーティスト・著名人の広告
が掲載されました。「貧困は人災です。」出演者の発するメッセージの「パ
ワー」はキャンペーンにとって必要不可欠です。無償で参加してくださった皆
さんに改めて感謝したいと思います。

■ウェブでクリッキングフィルム2をご覧になれます
 http://www.hottokenai.jp/media/


━━━━━━━━━━━━━━━ * * * ━━━━━━━━━━━━━━━━


4.特別寄稿:長野の小学校教諭 小林郁雄先生からのメッセージ

小林先生との出会いは昨年のホワイトバンドデー2の芝公園でした。オフィシ
ャルブースにひょっこり立ち寄ってくれた先生は、受け持ちのクラスで取り組
んでいらっしゃる社会貢献について熱く語ってくださいました。それ以来、何
かとお付き合いさせてもらっています。
小林先生とクラスのみんなは昨年ニュース23にも取り上げられました(別の重
大ニュースがあったために短縮されてしまったのは本当に残念でした)。その
なかで、ストリートチルドレンについて体験学習した女の子が、「人のために
はならないかもしれないけど、自分のためにはなるし、ストリートチルドレン
のことも、いまよりもっとわかるかもしれないから、やってることをほかの人
に話せば、大変なんだなとか思うから、…やればいいと思う。」というコメン
トを発していたのが印象的でした。
『貧しい人たちの身になってまずは自分で体験してみよう。』
貧困問題について取り組もうとする時、私たち大人はアレコレ考えすぎてしま
いますが、貧しい人のことを考え助けることを「当たり前」のこととして受け
入れ、それを素直に表現できる子どもは、大人より大人なのかもしれません。

■小林先生の特別寄稿
 http://www.hottokenai.jp/poverty/


━━━━━━━━━━━━━━━ * * * ━━━━━━━━━━━━━━━━

5.賛同団体イベントカレンダー

■3/5 アムネスティ・インターナショナル日本 CSRセミナー2006@東京

エイズ、貧困、児童労働、義務教育の遅れ、人身売買、子どもに対する人権意
識の低さ・・・。アジアの子どもたちはたくさんの深刻な問題を抱え生きてい
ます。2005年3月、日本の旅行業界は、海外の子どもたちの性的な搾取の撲滅へ
向け、具体的な取り組みとして「旅行と観光における性的搾取からの子ども保
護に関する行動規範」(Code of Conduct)を結びました。影響力の決して少な
くない日本の企業が国際的な場において果たすべき責任、行動規範策定の意義
について考えます。

◇日時:2006年3月6日(月)15:00~18:00
◇会場:味の素株式会社本社会議室(東京都中央区京橋1-15-1 地下1階)
http://www.ajinomoto.co.jp/company/ajino/network_03b.html
(本社をクリックしてください)
◇参加費:2000円(企業関係者)1000円(一般)
500円(学生・児童労働ネットワーク会員・アムネスティ日本会員)
◇申し込み:所属と名前を明記の上、以下のメールアドレスかFAXでお申し
込みください。
 rtaniguchi@amnesty.or.jp(担当:谷口)/ FAX:03-3518-6778


━━━━━━━━━━━━━━━ * * * ━━━━━━━━━━━━━━━━


6.協力企業Halloween Town(@愛知)が「ほっとけない」オムニバスCDを
発売

キャンペーンの協力企業であるHalloween Townさんが、キャンペーンに賛同す
るミュージシャンを集結してオムニバスCDを制作、販売してくれることにな
りました!CDのタイトルは、"how little we need to be happy"。先行発売
は2月22日、全国流通販売は4月を予定しています。

今回このCDを制作するにあたり、約150のアーティストからの応募があった
そうです。そのなかから、音源審査はもちろん、応募者との対話を通じて、
しっかりキャンペーンを理解しメッセージ性をもったアーティストを厳選、参
加してもらうことになりました。

わが事務局でも2月の先行発売を楽しみにしています!そしてHalloween Town
さんの信念と熱意に感謝します。

■「音楽で世界のまずしさを救おう!」 CDの詳しい情報と予約などはこち
 らから
 http://www.hwt-j.net/hottokeva.htm(Halloween Townさんのホームページ)


━━━━━━━━━━━━━━━ * * * ━━━━━━━━━━━━━━━━


7.その他、これをチェック

■さまざまなニュースを随時更新しています
 http://www.hottokenai.jp/news/

■「ほっとけない」10DAYSイベント報告(随時更新中)
 http://www.hottokenai.jp/10days/report10days.html

■賛同団体Oxfam Japanのイベントレポート 「武器の規制をすすめよう」
 http://www.hottokenai.jp/news/02.html?a000680


━━━━━━━━━━━━━━━ * * * ━━━━━━━━━━━━━━━━


■編集後記

寒い休日は本や雑誌を抱え込んで布団にくるまって読書三昧。今読んでいるの
は黒柳徹子さんの「小さいときから考えてきたこと」。ご存知のとおりユニセ
フ親善大使として世界中の子どもたちのもとへ飛び回っていらっしゃる方です。

黒柳さん、緒方貞子さん、犬養道子さん…。日本女性、特にご高齢でありなが
ら世界で活躍されている方はたくさんいらっしゃいます。その日本女性独特の
凛とした姿勢や生き方、そして優しさが世界の平和に貢献していると言っても
過言ではないかもしれません。

さて、これまでキャンペーンを引っ張ってくれた2名の女性実行委員がアメリ
カに留学、それぞれの専門分野でいっそうの研鑽を積まれます。これまでキャ
ンペーンをてきぱきとリードし、時には忍耐強く見守ってくれた2人がいなく
なると思うと寂しい気持ちでいっぱいです。

でも帰国したらまた「ほっとけない」のために活躍してくださるはず!「いっ
てらっしゃい」と一緒に「ありがとう」の言葉を送りたいと思います。そして
これからもよろしく。

◇Vol.13編集&校正:岡田、鈴木、加寿万&今田


━━━━━━━━━━━━━━━ * * * ━━━━━━━━━━━━━━━━━
2008年、主要国首脳会議(G8サミット)が日本で開催されます。
みんなの関心と行動によって、貧困を生み出すしくみを変える、大きなチャン
スです。

■このメールはhttp://www.hottokenai.jp/ほかでメールマガジン送付希望と
 してご連絡いただいた方にお送りしています。
■メルマガの解除:http://www.hottokenai.jp/mail.html
■バックナンバー:http://www.hottokenai.jp/mail.html
■お問い合わせ:info@hottokenai.jp

* * * ━━━━━━━━ まるごと転送も歓迎 ━━━━━━━━━ * * *




以上。読んだあなた、ご苦労様
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rainbowlegend.blog15.fc2.com/tb.php/138-815de391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。