日常とか 好きなこととか 愚痴とか    

あの日見た夢の続きを今も 憶えているから  あてもなく過ごす日々を どうにかこうにか切り抜けた
大切な人を忘れないように 生きるのもムズカシイさ  僕らはせめて同じ時代を 生きていることを感じたい
僕を見つけた時から 求め続けていることは ひとつだけ

また逢える日の約束をしよう 言葉が足んなくたって  響き合ったね 同じリズムで どんなに遠くに離れても
風に耳を澄ませば 聴こえ続けている詩は ひとつだけ  

いつも敗けないように 心に誓おう  貴方を愛せたとき この胸は躍るよ



アップするのは飲み会ばかり(#^.^#)